挿入中に小さく萎える原因は5つ|ペニス・膣圧・濡れ具合・オナニーとの違い

ペニス 小さく萎える 原因

「前戯で手コキ・フェラしてもらってるときはギンギンに勃起してるんだけど・・・」

「いざ挿入するとすぐに小さく萎えてしまう、中折れがひどくて射精まで辿り着かない・・・」

という問題には、大きく分けて5つの原因があります。

 

自分でどうにか努力して解決できるものや、相手側(女の子)の問題でどうにもならないこともあるため、「挿入中に萎えてしまう原因」をしっかりと確認して対策を行いましょう。

射精できないと色々不都合ありますよね、スッキリできないし相手も不満に思うし・・・改善しなければ!

①ペニスが小さくて膣圧が弱い

単刀直入に「あなたのペニスが小さすぎて標準サイズのマンコじゃ圧がかからず気持ちよくなれない」というものです。

普通サイズの穴に小さいチンコが出入りしても、キツさは全然ないから快感は得られません。

相手の膣に問題はないけれど、「自分のペニスが小さい(膨張度合いが弱い)から萎えてしまう」のです。

 

私のケースでいうと、あまりエッチに乗り気じゃなくて眠たいときは勃起力が弱くなります(当たり前か)

そんな状態でエッチすることもありますが、嫁さんは172cmあって自分が167cmしかないので、穴と棒の大きさの関係で気持ちよくないんですよね。

嫁がガバマンなことは全然ないので、単に「自分の棒が細すぎる」のです。

②ペニスの根本的な持続力が足りない

自分のペニスサイズと相手の穴のサイズは合っていても、ペニスに持続力がないと途中で萎えてしまいます。

「うはwエッロww」と性的興奮を感じられていて、「あれ・・なんで小さくなるの(泣」と挿入中に萎えてしまう場合は、根本的な持続力を養う必要があるでしょう。

男性器の勃起状態を保つには「血流改善・体力・筋肉」の3つが必要です。(詳細は後ほど)

③女の子の膣が大きい・広すぎる(ガバマン)

いくら自分のペニスが標準13cmぐらいあっても、女の子の膣がガバガバだと快感を感じられません。

俗にいうガバマンというもので、「自分のペニスサイズと相手の膣サイズが合っていなかった」ということになり、相手を変える or ペニスを大きくするの2択になります。

 

ちなみに、私が初めて突き合った女の子は「かなりのユルマン」でした・・・一度も射精できずに別れたことをよく覚えています。

その時は「オレのチンコって小さいんかな、なんで精子でないんやろ(汗」と思っていましたが、今考えると圧倒的にガバマンでしたね・・。

④膣の中が濡れすぎてて摩擦が足りない

逆に「前戯うますぎかよ!」と羨ましいケースですが、膣から汁が出過ぎててビチョビチョになっていると、ぬるぬる状態になり摩擦が少なくなります。

チンコとマンコの相性がいいのに萎えてしまうのは「膣が濡れすぎててピストンしても気持ちよくなれないから」かもしれません。

その場合は、前戯を減らしてみるかペニスのサイズアップを図りましょう。

まぁでも、ビッチョビチョに濡れてたらだいぶエロいですし、女の子が感じまくっていたら「摩擦が少なくても抜けちゃう」と個人的には思いますが・・(笑)

⑤オナニー時の手の握りが強すぎて物足りない

オナニー時の手の握りが強すぎると、その刺激に慣れてしまい「エッチだと膣の刺激が弱すぎて気持ちよくなくなる」という「膣内射精障害」になってしまいます。

また、亀頭だけをコスってオナニーしていたり、足をピンと伸ばしながらオナっているなどの「性行為とは違う刺激の方法」でオナニーしている場合も同じようになります。

 

オナニーだと手で握り具合・圧力を自由自在に調整できますし、なんなら刺激を与えるポイントを一部分だけにすることも可能です。

カップラーメンに突っ込んでオナるとか、床にチンコをこすってイクとかの色々な方法もあります。

しかし、膣にピストンするときの刺激とかけ離れてしまうと、膣で快感を得られなくなって萎えてしまう原因になるのです。

 

このケースは解決方法が簡単で、「オナニーを減らす or エッチ以外では射精しない(オナニーしない)」を守るだけです。

チンコに「お前が気持ちよくなれるのは膣の中だけじゃい!」と覚えさせれば、早めに萎えなくなって射精できるようになりますよ。

⑤以外の悩みはすべて「精力剤」で解決できる

バイタルアンサー 口コミ

「⑤オナニー時の手の握りが強すぎて物足りない」だけは別の原因でしたが、

  1. ペニスが小さくて膣圧が弱い
  2. ペニスの根本的な持続力が足りない
  3. 女の子の膣が大きい・広すぎる(ガバマン)
  4. 膣の中が濡れすぎてて摩擦が足りない

これら他の悩みはすべて「精力剤」で解決することができます。

ペニスが大きく膨張できて硬い勃起状態を持続させられたら、「ほどよい膣圧を感じられる」ようになり、途中で萎えることがなくなります。

相手が多少ユルマン・ガバマンでも、強い勃起が起こせれば膣が広く感じることはありません。

 

膣圧は「ペニスの長さではなく太さ」が関係しているので、ペニスを増大させるよりも「100%に近い勃起状態を作る・維持させる」ことが肝心です。

勃起力を高めて気持ちよくなれる十分な太さを手に入れれば、萎えることも中折れすることもなくなりますよ。

太さ・持続力を手に入れるには精力剤の利用をオススメします。

 

(追記)

わたしはバイアグラで太さと持続力を手に入れましたが、さすがに120%の勃起は必要ありませんでした(笑)

それに副作用が辛すぎて相手に心配されるレベルだったので、精力剤に落ち着いたという経緯があります。