「心因性ED」をED治療薬で治した体験談|精神的な思い込みで勃起不全

心因性ED

まだ20代だった頃に「心因性ED」になってしまいましたが、どうにか自力で改善することができました。

その方法は「ED治療薬を飲んで強制的に勃起させた」で、一度自分が勃起できないと思い込んでいたマインドをぶち壊せたことが成功のカギだったように思います。

心因性EDになった当初の気持ちと私がとった行動

ストレス耐性がなくて心因性EDになった20代の男性

私はものすごくストレス耐性がなく、誰かと喧嘩したり言い合ったりすると「すぐにお腹を下してしまう」ほど精神的に弱いのです。

だからなのか、「勃起しなかったらどうしよう…」とエッチの際中に考えるようになり、オナニーでは勃つけど相手がいると極端に勃たない「心因性ED」になってしまいました。

 

まだ20代なのにペニスが勃起しないとか終わってる。

この先ずっと勃たない状態が続いたらどうしよう。

そんな焦りとプレッシャーが重くのしかかり、どんどん勃起できないカラダ・脳になっていきました。

 

このままでは結婚できない、彼女にも泣かれて愛想を尽かされる。

女の子大好きでまだまだエッチしたいのに、心因性EDを克服しない限りは生活の中に「性」の喜びがない。

 

何が何でも勃起させてやる・・と強く意気込み、心因性EDと勃起についてアホほど調べ上げました。

簡単にできることを色々と試してみて、「心が勃起できないと思い込んでいる事実」に気付き、

  • そうだ・・・ED治療薬のバイアグラはビンビンになるらしいな・・・強制的に一回勃たせれば何かが起こるはず・・・!

と、ED治療薬を購入することを決意しました。

バイアグラ50mgを処方してもらい飲んでみた

ED治療薬

ED治療薬は「インターネット通販」で購入することもできますが、素性の知れない個人輸入業者から買うのはオススメできません。

自分のカラダの状態を医者に診てもらって、体格にあった容量のED治療薬を処方してもらうべきです。

 

という記事をネット上で見かけたので、素直にクリニックでED治療薬を買うことにしました。

問診票に記入して診察と称した受け答えをして、簡単に正規品のバイアグラ50mgを処方してもらうことができました。

 

いきなりエッチのときに使うのは「副作用が怖かった」ので、まずはオナニー時に使うことに。

水で一粒を流し込んで数十分、徐々にカラダのほてりを感じて鼻が詰まってきます。

顔も赤くなって軽い頭痛もありました。

「副作用つらいな」と思ったと同時に「すげぇ効いている気がする・・・!」と恐怖と期待が入り混じった感情を持ちました。

 

結果は「今までにはない強い勃起」を起こすことに成功して、オナニー時でも中途半端だった勃起が嘘のようです。

ギンギンに勃起・・!なんてアニメなどの過大表現だと思っていましたが、まさにギンギン状態でした。

 

「俺のカラダでもこんなに膨張して硬く勃起できるのか、まだ捨てたもんじゃないのかもしれない」

そう自分で思えたのが一番の収穫でした、勃起能力が低いと思っていましたが、ED治療薬を飲めばギンギンになって「勃起できないという心のハードルを壊せた」のですから。

心因性EDは「勃起に関する思い込み・ストレス・プレッシャー」をなくすことが大切

ストレス プレッシャー 思い込み

心因性EDは名前の通り「精神的な心の要因によって勃起不全になってしまった状態」をいいます。

 

勃起は頭で「うはっ、エロすぎるヤリたいチンコ勃たせて挿入したい!」と感じて性的興奮を覚えてするものです。

だからこそ、エッチするときに「ちゃんとチンコ勃つかなぁ、萎えちゃったら悲しませることになるなぁ・・やばい(汗)」と考えてしまうと、勃たないとヤバイ状態とは裏腹に勃起しなくなってしまいます。

エロになりきることが肝心で、「脳」がストレスやプレッシャーを感じていると勃起できません。

 

私のケースでは「エッチの時のプレッシャー」「日頃から勃起できないと思い込んでいた」というストレス+思い込みが勃起を阻害していたように思います。

そこにED治療薬で強制勃起させて、「私でもこんなに勃起できるんだ」と気付けたお陰で、心因性EDを解消することができました。

 

ただ、しっかりエッチの時に勃っていたのは「もし勃たなくてもバイアグラを飲めばいい」と保険要因があったからだとも思います。

「勃たなかったら終わり」ではなく、もしダメならアレを飲めばいいだけだと心のよりどころがあったお陰で、プレッシャーを回避して勃起できていたのです。

ED治療薬の服用を女の子にバラすことで「悩み共有」できてストレスが減った

心因性EDの悩みをパートナーと共有して心が軽くなった男性

わたしの心因性EDが治った経緯には、「エッチしていた相手に心因性EDになっていること、ED治療薬の服用を伝えたこと」も大きく関係していました。

一人で抱え込んで「勃たなかったらどうしよう、バイアグラを飲んでいることがバレたらやばい」と悩むのではなく、悩みを共有することにしました。

それが功を制し「エッチする上での問題は二人で解決しよう」という流れになり、心の負担が一気に減ったように思います。

 

EDはデリケートな問題でなかなか人に打ち明けることは難しいですし、なんなら彼女・嫁さんに言うのは爆弾発言レベルのプレッシャーがかかります。

しかし、一度勇気を出して話してしまえばもうあなた一人の問題ではなくなります。

勃たなくて困るのは「自分と相手」の2人で、どちらかだけが悪いわけでもなく、お互いに試行錯誤して改善すべき問題です。

 

日本には若くして心因性EDに陥っている男性が沢山いますが、ぜひパートナーと一度話し合って解決に取り組んでもらいたいです。

一人で悩んでいるときは文字通り死ぬほど辛かったので、たとえ治らなくても大事な人が知ってくれているだけでも大きいんじゃないかなと思うのです。

 

バイタルアンサー 中身

(余談)

軽度の心因性EDなら精力剤を使うことも選択肢に入ります。

ED治療薬のように副作用はなく、クリニックで処方してもらう必要もありません。

しっかり継続して飲んでいれば、自分に自信をもってエッチに臨めるようになりますよ。

(無理やり改善するならED治療薬、手堅く心因性EDを治すなら下記の精力剤がオススメ)

⇒バイタルアンサーはThe GOLDを超えた|1日目から効果を感じる精力剤の口コミ