ペニスの成長は20歳を超えても止まらない|成人でも増大チャンスがある

ペニス 増大

「おぉぉおお俺のペニスが小せぇんだよぉぉ、、、もう30歳過ぎてもうたオワタ( ^)o(^ )」

なんて思い諦めてしまったら試合終了ですよ。まだペニスを大きくすることは可能です。

実際に私はいい年こいたおっさんですが、ペニス増大に成功しました。

ペニスの成長は「20歳を過ぎても止まらない」ので、成長期を随分すぎたおじさんでも大きく誇らしく成長させることは可能なのです。

ペニスが成長期を過ぎても大きく成長する理由

インポテンツ

銭湯にいったりトイレで中年男性のペニスを見てみると、若いヤツよりも圧倒的にデカいですよね。

「なんであの爺さんはカラダがヨボヨボなのにアソコだけでかいんだ!」と温泉で思ったこと、あるんじゃないでしょうか。

それは「ペニスは歳をとるごとに大きくなる」ことの裏付けでもあります。

AV男優さんでも「仕事し始めはそこまでデカくなかったけど、何度も勃起させて撮影することでビッグになった」という話がネット上には沢山あり、ぺニスの成長が大人になっても続くことを意味しているのです。(この話の続きは後ほど)

ペニスが大きくなるのは、骨がなくて「血管」が成長するため

アルギニン 血流

ペニスに骨はなく、海綿体という血管の集合体によってできています。

なので、成長期を過ぎていたとしても「サイズアップ」が可能なのです。

 

巷では「ペニスを成長させるには筋肉再生理論を用いる」なんて言われていますが、あれは真っ赤な嘘です。

ペニスを構成しているのは血管であり、ペニスが勃起するのは「血管に血液が充満して膨張するため」です。

血管が太く柔らかくなることで、細くて硬い血管よりも「血液をため込む力(体積)」が増えることにより、大きくサイズアップすることが可能になります。

カラダは必要な環境に適応する力がある

脳 順応性

冷え性の女性は「下半身の血管が弱っている」ことがほとんどですが、筋肉をつけたりマッサージをして血流を改善していると「血管が元気になり冷え性が治る」ことになります。

カラダが「下半身の血管を鍛えなくては・・!」と指令を出して、必要な環境に適応しようと働きかけるためです。

 

歳をとったおじいさんやAV男優のペニスが大きいのは、「今まで何度も勃起しているため、ペニスの血管が強化されている」という理由があります。

何度も強く勃起させていれば、カラダが「ペニスの血管を鍛え上げるのだ!」と指令を出し、徐々に血管が太くなって血液を貯める力が強くなるのです。

 

ただし、ペニスの血管は「カラダの部位の中で一番細い」ため、タバコを吸ったり動脈硬化になったりすると、すぐに症状が現われる部位です。

朝立ちしなくなっていたり、勃起していないときはサイズが極端に小さい場合は、血管や血流に障害が起こっている可能性が高くなります。

 

そんなカラダでは強い勃起を日常的に起こすことは難しく、勃起を繰り返しても血管が成長できない状態です。

「血管が広がって柔らかくなるような成分」を摂りながら何度も勃起させて、カラダにペニスの血管を強化するように指令を出させることがサイズアップには重要なのです。

増大させるなら「シトルリン・アルギニン」が配合されているサプリを飲もう

精力減退 勃起力低下 バイタルアンサーで解決

ペニスを大きく増大させるには「シトルリン・アルギニン」の2つが配合されているサプリを摂りましょう。

シトルリンとアルギニンには「血管を拡張させて太くさせる・弾力性を取り戻させる作用」があり、医療現場でも「動脈硬化の改善」などに使われている医薬成分です。

シトルリンは2007年から「副作用が出ないこと」が理由で、医薬品ではなくなってサプリメントに配合できるようになりました。

 

ちなみに、血管を拡張させる一酸化窒素はアルギニンを摂ることで生成されますが、「アルギニンは肝臓で別の物質に変化してしまう」という短所があります。

そのため「シトルリンを摂って体内でアルギニンを作り出したほうが効率がいい」ので、シトルリンがメインの増大サプリがサイズアップには最適なのです。

※シトルリンは「尿素回路」という体内の代謝メカニズムによってアルギニンに変化する

 

また、臨床試験データでは「シトルリンとアルギニンを同時摂取したほうが血液中の一酸化窒素濃度が高まる」という報告がされているので、どちらも配合されているサプリを摂りましょう。

詳しい増大メカニズム・おすすめ増大サプリについては【決定版】ペニス増大サプリおすすめランキング|正理論で大きくサイズアップへどうぞ。